一般小児科|小児科、アレルギー科、予防接種|愛知県岡崎市

電話予約・お問い合わせ TEL:0564-72-6278|9:00~12:00、14:30~15:30、16:00~18:30|休診 : 木曜・土曜午後・日曜・祝日

  1. HOME
  2. 小児科・アレルギー科
  3. 一般小児科

小児科・アレルギー科

一般小児科

治療方針

人には免疫という病気に対する自然治癒力が、生まれつき備わっています。
免疫は、病気の原因となるウイルスの体内からの排除に非常に有効に働きます。
特に子どもの場合、その力は旺盛です。

しかしながら、免疫力だけでは治らないような、お薬による治療が必要な病気(細菌感染やアレルギー疾患など)も多々ありますので、それを見極めるために、必要であれば検査など適宜行い、それぞれのお子さんに適した標準的な治療を行えるよう心掛けております。

また、子どもであっても、漢方薬のほうが、より有効で、早く治ってしまうような病気もたくさんあり、積極的に漢方治療も行っております。

こんなとき、ご相談ください

  • 熱、咳、鼻水、頭痛などのかぜや腹痛、下痢、嘔吐などの胃腸炎など一般小児疾患
  • 小児喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど、アレルギー疾患
  • かぜ、胃腸炎、乳幼児の便秘や夜泣きなど子どもの病気全般に対する小児漢方治療
  • 鼻水・鼻づまり、耳や喉の痛みなど、耳、鼻の症状
  • 目やに・ものもらいなど、目の症状
  • 湿疹・じんましん・おむつかぶれなど、皮膚の症状
  • 低身長症、小児肥満、発達障害など、発育相談
  • 予防接種、乳幼児健診など

上記などを含めて、お子さんに関することは、何でもご相談ください。

精密検査や入院が必要な場合は、連携病院(岡崎市民病院、安城更生病院、あいち小児保健医療総合センター、名古屋大学医学部付属病院など)に迅速にご紹介いたします。

夜尿症(おねしょ)の相談、治療を行っています

5,6歳を過ぎたお子様の夜尿(おねしょ)でお悩みやご心配な場合は、ぜひご相談ください。
夜尿症は、自然に治るのを待つよりも治療したほうが、治るまでの期間、治癒率(治る割合)とも優れていることが、近年の研究からわかってきました。
夜尿症はお子様、ご家族にとってデリケートな問題でもあり、通常の診療とは別の時間帯に予約制として行っております。
事前にお電話( 0564-72-6278 )あるいは当院小児科受付にて直接ご予約ください。

小児漢方治療について

漢方薬の中には、西洋薬と同じように即効性があるものもあります。

西洋薬に負けず劣らず、風邪や胃腸炎、赤ちゃんの鼻づまりや便秘などに優れた効果を発揮するものも少なくありません。

当院では、漢方薬単独や、漢方薬と西洋薬を組み合わせながら、お子様の状態に合わせた漢方治療も行っております。

水ぼうそう(水痘)、おたふくかぜ、はしか(麻しん)、風しんかな?
という患者さまへ

当院には、感染症用の疑いがある方専用の待合室、診察室があります。

皮膚に、普段見慣れないような赤い斑点や水ぶくれが出ていて、水ぼうそう、おたふくかぜ、はしか、風しんなどに感染の疑いがあるお子さんは、院内感染防止のため、専用の隔離待合・診察室がありますので、その旨受付にお申し出ください。お部屋に医師が直接来て診察いたします。

アレルギー科

アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、小児ぜんそく、アレルギー性鼻炎・結膜炎(花粉症)など、子どものアレルギー疾患はますます増えています。

お薬で、いま出ている症状を抑えるだけでなく、長期的な予防治療を行ったり、スキンケアや食事など普段の生活でできることをお伝えしたりして、症状が出ないように良い状態を保つお手伝いをいたします。

アレルギー科の詳細はこちら

  • 岡崎市の小児科、上六名こどもクリニックへのご来院がはじめての方へ
  • 岡崎市の小児科、上六名こどもクリニックへの夜尿症外来お子さまのおねしょでお困りの方へ
  • スタッフ募集中

診療カレンダー

Calendar Loading
Calendar Loading

…休診 …午後休診
…9:00~13:00 
…その他(マウスオーバーで詳細)

岡崎市の小児科、上六名こどもクリニックの医院情報

〒444-0858
愛知県岡崎市上六名3-9-10
電話: 0564-72-6278
FAX: 0564-72-6275

★…乳幼児健診・予防接種・発達・育児相談
▲…9:00~13:00

岡崎市の小児科、上六名こどもクリニックへのアクセスはこちら

  • こどもの救急